本日、自由が丘、再発見。
自由が丘の「街」「人」「お店」をつなぐ情報サイト、自由が丘ネット(β版)

人気のランチブログや最新のお店情報・イベント情報を発信中!自由が丘のイマがわかる♪

とにかくお腹一杯お肉が食べたい肉ラバーのための極厚ポークステーキ専門店『マロリーポーク』OPEN

2020/11/16 12:31 UP

イクラがお腹いっぱい食べられる「いくら丼専門店波の」の新業態。
今度は、お腹いっぱい肉が食べたい肉ラバーのための極厚のポークステーキ専門店の登場だ!
『MALLORY PORK / マロリーポーク』 が11月16日OPEN!


場所は、正面口改札のすぐ右手、"ひかり街" の向かい側。
「離島のテーブル」の跡地。



そりゃあビーフステーキが腹一杯食べられればいいけど、高いしな・・・
なんて躊躇している肉好きさんに朗報!

『マロリーポークステーキ』は、

「ビーフステーキより美味しいポークステーキをリーズナブルにお腹いっぱい」
をコンセプトとし、火入れを徹底的に研究。
中はしっとりジューシーに、外はカリッとクリスピーに焼き上げ、
巨大なポークステーキを最後まで美味しく食べられるように、
付け合わせや味変容のソースや塩が用意されている。


(エベレスト 1500g)

山の名前が付けられた、300g~2000gまで“巨大なポークステーキ”を提供!

肉は塊を食べた方が美味しいはず!
そんな巨大なポークステーキはシェアして食べるのもオススメ。
そびえ立つ山のようなポークステーキはそのビジュアルもフォトジェニック!



メニューは、
・初心者でも挑みやすい!300gの「高尾山」 899円(税別)。
・これくらいなら一人でもいける!450gの「富士山」 1299円。
・一人じゃきついがシェアを考えたらちょうど良い!600gの「マッターホルン」 1699円。
・二人でもきつい!1000gは「キリマンジャロ」 2699円。
・未知の領域!1500gは「エベレスト」 3499円。
・バケモノレベル!!2000gはもはや地球を飛び出し火星の山「オリンポス」 4599円。

 


(キリマンジャロ 600g)

同店のポークステーキは、豚の肉質にもこだわり、「iTi(国際味覚審査機構)」において、

2020年に三ツ星受賞した大麦仕上三元豚を使用。
特製のタレを漬け込み低温で長時間火入れをすることによってパサつかずしっとりジューシーに。
サラマンダーの高温で一気に焼き目をつけ、カリッと仕上げられている。


(高尾山 300g)

ポークステーキには、相性抜群の付け合わせ、マッシュポテトとクリームスピナッチがついてくる。
まずは肉の味を確かめるべく、そのまま。

次は軽く岩塩を付けて。

山葵と一緒に食べるのもオススメ。

肉汁で作った自家製のグレービーソースを付けて食べたり、
ちょっと飽きたら甘めの赤ワインソースをかけてみて。

和風のニンニクだれもご飯が進みそう。
味わい方は色々、お気に入りの食べ方を見つけてほしい。



また、ポークステーキが焼き上がるまでに軽く飲めるよう
生ビールは299円、ハイボール、サワーは199円!
更にお得な「みんなのサワー」といったデキャンタ(サワー5杯分)は、なんと699円!!
おつまみは199円からと格安設定なので"せんべろ" 利用もOKだ!
系列店の「点棒」や「コイン」も一枚250円値引きというカタチで利用も可能だそう。



また、オープンキャンペーンで、
「オリンポス&ヒマラヤ盛りライス」を30分以内に一人で完食すると無料&10,000円進呈
の大食いチャレンジも開催!
チャレンジ失敗(または違反)した場合は、\4,998 を支払うことになるので
チャレンジャーは、死ぬ気でチャレンジしよう!
※期間は11月末日まで


(オリンポス 2000g)

食べきれなかったお肉はTAKE OUTが可能なので、
ぜひとも巨大なポークステーキにチャレンジしてみてはいかがだろうか?!

くわしい店舗情報はこちら↓
『MALLORY PORK STEAK / マロリーポークステーキ』

 

 

ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ


同業者の舌をも唸らせる、
すべてが一から手作りの本格的な料理を気軽にいただけるビストロフレンチの名店

『LE MONDE GOURMAND / ルモンドグルマン』



季節の食材や定番のお料理にちょっとしたエスプリを添えて。
毎日の生活の中に少しの驚きと、たっぷりの心地よさと、めいっぱいのおいしさを。
シェフ厳選のこだわり食材とおいしいワインでリラックスした時間を楽しめます♪

くわしい情報はこちら→ 『LE MONDE GOURMAND / ルモンドグルマン』